Hi~Aliceです!

10M編集部から「周りの人間関係について」というお題を頂きました。

私の周りの日本人の方が割と、中国人の同僚との付き合い方に悩んでいるみたいですので、今日は日本で働くいち中国人の立場からお話したいと思います。

以下は、あくまでも中国人である私の個人的な見解であり、すべての中国人の意見を代表することができませんので、あらかじめご了承ください。

 

わがまま?言うこと聞かない?

いいえ、それはあなたの論理が中国人に共感されなかったからです。

よく日本の職場で、上司や先輩からこういう指示をうけます

これ今日中に調べといてくれる?

この資料まとめてくれる?

議事録お願いできる?

あんまりにも漠然とした指示なので、うっっと来ます。

何のためにこれを調べる必要があるだろう?なんでこの資料をまとめる必要がある?議事録は何のために作るの?と様々な疑問がわいてきます。

日本の職場では、新人が上司や先輩の話に無条件に従います。多くの仕事は、自分の意思で判断することよりも、周りの方に納得してもらうことが重視されます。

しかし、中国人にとっては、何よりも仕事の合理性が重要なのです。不必要な仕事はやらない、必要な仕事ならやる、という意志を持って、仕事をやる前に一回仕分けします。

解決方法は簡単です。「なんでこの仕事をやる必要があるか」、仕事を振る前にきちんと説明してあげることです。

例えば、

議事録は「クライアントがこんな話をしましたよ」という証拠を残す機能があるので、とても重要です。今日は議事録作成お願いできます?

と話しかけたなら、中国人の反応は全く違ったものになるでしょう。

もし、ここで自分の行動の論理をきちんと説明できないようであれば、一回立ち止まって考えてください。

なんでこの仕事をお願いしようと思っています?

なんとなく?それとも慣習?

 

いつも群れになる?うっとうしい?

それは日本人だって、海外に行ったら群れになりますよ。

友人から聞いた某銀行の話ですが、ヨーロッパオフィスの構造は、日本人ワンフロア、現地人ワンフロアに分かれており、大きな隔たりがあります。

言うまでもなく、世界各地にある日本人駐在員コミュニティも、現地社会には溶け込まない「塊」として存在しています。

海外に行ったら群れになるのが当たり前です。

もちろん、日本の会社で仕事している以上、職場ではきちんと日本語をしゃべらないといけませんが、どうしても中国人同士のコミュニケーションは中国語になります。

分からない言葉を横で聞くと、もちろんむかつきます。わかります。

そうであるならば、あえて、それを逆手に利用してみましょう。

中国人同僚たちがしゃべりだしたとき、すぐ中国語の本を取り出して、中国語の読み方や発音を教えてもらいましょう。そうすると、すぐに中国人同士のおしゃべりが止まる(あなたと仲良くなる)と思います。

あんまりやりすぎると嫌がらせだと思われますので、気を付けてください笑

 

以上、Aliceによる中国人の同僚との付き合い方でした!