こんにちは、ねこすけです。

年収が上がれば上がるほど気になってくるのが「節税」ですよね。

今回の記事では、

年収1000万円プレーヤーのふるさと納税

と題して、お得なふるさと納税活用法をご紹介していきます。

(※この記事の情報は令和2年3月時点のものです)

 

年収1000万円目線のふるさと納税

 ふるさと納税の仕組みは下記のようになっています。

  • 都道府県、市区町村に寄附を行う
  • 寄附額に応じた返礼品を受け取る
  • 寄附全額から2,000円を差し引いた残額が、所得税および住民税から控除される

一般的な寄附ですと、控除額は寄付額の一部になるのですが、ふるさと納税の場合は、寄付額の全額が控除される点でメリットが大きいです。

後述しますが、年収1,000万円であればおよそ176,000円が控除され、しかも豪華な返礼品までもらえるのですから、これはもうやるしかないですよね。

近年は、「さとふる」などの、多くのふるさと納税サイトを通じて返礼品を簡単に選べるようになっており、手軽に始められるのもポイントです。

 

年収1000万円のふるさと納税控除額

世帯年収が1000万円の場合、2000円を差し引いた全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安は下記の通りです

単身であれば、およそ 176,000円 の全額控除が可能です。

 

独身又は共働き 176,000円
夫婦 166,000円
共働き+子1人(高校生) 166,000円
共働き+子1人(大学生) 163,000円
夫婦+子1人(高校生) 157,000円
共働き+子2人(大学生と高校生) 153,000円
夫婦+子2人(大学生と高校生) 144,000円

 

なお、住宅ローン控除や医療費控除を受けている場合、年金収入のみの場合には、上記よりも控除限度額が減少します。詳細なシミュレーションについては「さとふる」が便利です。

下記の総務省ポータルサイトにも制度の詳細が記載されていますので、ご参考まで。

(参考)総務省ふるさと納税ポータルサイト

 

年収1000万円目線のリッチな返礼品の探し方

「一般的には、「還元率ランキング等を参照して、安くて高還元率の返礼品をサーチする」という方法で返礼品を選ぶ方が多いと思います。

しかし、ぼくの印象では、販売価格の設定が妙に高くて、「そもそもこんなもん誰が買うんだよ…」と思わせる商品が多くあります

なので、当記事では、高還元率の追求はあまりオススメしません。あなたが欲しいと思える商品こそが「アタリ商品」だと思います。高還元率のコメを貰ったところで、コメは所詮コメです。

そこで、ぼくが自信を持ってオススメするのが、そう、

「15万円クラスの返礼品」です。

数千円の高還元率返礼品って、肉とかコメとかサクランボとかが多くて、実際に食べてみても「まあ普通に肉だよな…」っていうのがめちゃくちゃ多いです。

しかし、1000万円プレイヤーのみが手にすることができる「15万円クラスの返礼品」は、市中に出回らない非売品や特別な品物が隠れています。え、それって実質還元率∞なんじゃね…? 

15万円クラスの返礼品に興味のある方は、ぜひ「さとふる」で金額帯別サーチして、自分だけのお宝を探してみてください。

 

年収1000万円目線のふるさと納税サイト選び

年収1000万円プレーヤーの消費力であれば、ポイント還元は非常に重要な要素です。

楽天経済圏の方なら「楽天ふるさと納税」一択でしょう。

楽天ふるさと納税」は楽天市場での買い物のポイントが最大16倍になる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」に対応しているので、上手く使いこなせば圧倒的にお得です。

楽天経済圏以外の方であれば、ぼくがおススメするのが「さとふる」です。

さとふる」は「楽天ふるさと納税」のようなポイント還元はないのですが、サイトの設計が分かりやすく、返礼品の配送状況等の確認もしやすいため、はじめてふるさと納税にトライする方でも、安心して申込できるはずです。

しかも、ポイントサイト「楽天Rebates」を経由して「さとふる」でふるさと納税を行うことで、1.5%のポイント還元を受けることも可能なので、ぜひチェックしてみてください!

 

みなさま、今年はふるさと納税を賢く利用して、素敵な返礼品をお楽しみください!!