【2020年版】最新世界MBAランキングTOP100」では、フルタイムMBAの世界ランキングをご紹介しました。しかし、近年はMBAのスタイルも多様化しており、様々な大学がオンラインのMBAコースを提供しています。そこで、今回の記事では、

オンラインMBAの世界ランキングTOP10

をご紹介します。

1. オンラインMBAランキングの評価手法

フィナンシャル・タイムズでは、各大学と、オンラインMBA修了後3年間が経過した卒業生650名を対象に、計18項目(大学8項目ウェイト25%、卒業生9項目ウェイト65%、研究業績1項目ウェイト10%)に関して評価してもらう形で、ランキングを作成しています。

調査対象の大学は、(1) 4年以上継続してMBAコースを提供している、(2) 最低70%以上のコンテンツがオンラインで提供されている、(3) 入学と卒業に試験がある、の条件をすべて満たした大学となっています。

評価項目項目のウェイト
修了した学生の現在の給与水準20
MBA取得前後の給与上昇20
(働かないことによる機会損失等を考慮した)費用対効果3
MBA取得前後のキャリアの向上4
自身が設定した目標の達成状況4
大学のキャリアサービスの充実度4
オンラインプログラムの運用5
オンラインでの交流10
教員の女性比率3
学生の女性比率3
ボードメンバーの女性比率1
教員の国際性4
学生の国際性4
ボードメンバーの国際性2
MBA取得前後のグローバルな勤務地移動有無5
教員の博士号取得率5
CSR関連の授業の割合3
教員の業績10

上の表からは、

  • MBA取得によって、給料・待遇がどの程度変化するか?
  • オンラインの教育プログラムや交流の品質はどの程度か?
  • 教育環境のダイバーシティがあるか?

といった点が、オンラインMBAランキングを作成する上で、特に重視されていることが分かります。

2. 2020年の世界オンラインMBAランキングTOP100

2020年版の世界オンラインMBAランキングTOP100は、下記の通りです。

2020年の世界オンラインMBAランキングTOP100

2020年順位2019年順位大学名国家
11Warwick Business SchoolUK
22IE Business SchoolSpain
33University of Massachusetts Amherst: IsenbergUS
45University of North Carolina: Kenan-FlaglerUS
54Indiana University: KelleyUS
66University of Florida: WarringtonUS
77Durham University Business SchoolUK
88Northeastern University: D'Amore-McKimUS
9Politecnico di Milano School of ManagementItaly
1010University of Bradford School of ManagementUK

1位~3位は、2019年と同じ顔ぶれとなりました。

1位のWarwick Business School(イギリス)は、Warwick Distance Learning MBAというMBAプログラムを提供しています。3年連続の1位となったWarwick Business Schoolの魅力は、なんといっても卒業生の給料水準の高さです。卒業3年後の給料は平均204,799ドルとなっており、高い市場価値を有していることがうかがえます。また、キャリアアップの項目や、教授の国際性の項目でもトップに立っています。

2位のIE Business School(スペイン)は、Global Online MBAというMBAプログラムを提供しています。IE Business Schoolは、学生の国際性、ボードメンバーの国際性の項目でトップに立っています。世界中から集まってくる優秀な学生・教員との間に充実したネットワーキング機会を得られることが、高評価の理由となっています。また、CSR関連プログラムの充実についても、高い評価を得ています。

3位のUniversity of Massachusetts Amherst: Isenberg(アメリカ)は、Isenberg Online MBAというMBAプログラムを提供しています。UMAASは、MBA取得前後の給料上昇率(46%)が全オンラインMBA中でトップとなっているほか、教授の女性比率(46%)が高いことが特徴です。

5位のIndiana University: Kelley(アメリカ)は、Kelley Direct Online ProgramsというMBAプログラムを提供しています。Indiana University: Kelleyは、学内のキャリアサービス体制、オンラインプログロムの運用、教員の業績の項目でトップになっています。企業戦略やアントレプレナーシップ、eコマースに強みがあることも、人気の要因となっています。

上位大学に共通していることですが、オンラインMBA卒業生の進路は金融系やヘルスケア系の人気が特に高くなっています

オンラインMBAの受講理由としては、

1位:自己の能力開発

2位:キャリア機会の創出

3位:経営能力の開発

となっており、3年連続で同様の結果となりました。 

いかがでしたでしょうか?

オンラインMBAは、優秀な学生や教員との間のネットワーキング機会の充実が、以前にも増して進んできており、オンラインMBA取得による給料アップ効果も期待できるため、MBA取得を考えている皆さんにとっても、有用な選択肢となっています。

下記の関連記事も、よろしければチェックしてみてください。