こんにちは、ねこすけです。

コロナウイルスの感染拡大は、人と人とのかかわり方を大きく変え、長期的な行動様式の変容をもたらすと言われています。転職市場においても、大手企業による採用の縮小傾向や、対面面接の中止など、大きな動きがみられています。キャリアアップの実現のためには、新たな時代に適応した転職術を身に着けておくことが重要と言えるでしょう。

そこで、今回は、

コロナ時代の転職の心得

と題して、今後の転職市場の大まかな動向や、転職を成功に導くための心構えについてお話していきます。 

1. 中途採用枠は減少に向かう

リーマンショックの時もそうでしたが、不景気になれば、企業の採用枠は減少します。現在は、コロナウイルスのみならず、米中対立の先鋭化や観光客数の急減など、景気に対するマイナス要因が非常に多くなっており、企業としても先行きを見通しづらい状況となっています。

転職志望者は、「売り手市場の終焉」を意識して活動を行う必要があります。企業の中でどのような価値を発揮できるか、という点が、これ位まで以上にシビアに判断されるようになってくるでしょう。

2. オンライン面接対策が必須に

コロナウイルスの感染が社会問題化する中で、対面面接の延期・中止が相次いでいます。一部の企業では、オンライン面接を正式に取り入れる動きも見られます。これまでも、外資やスタートアップ界隈ではオンライン面接を導入している企業が見られましたが、今後は国内主要企業でもオンライン化の流れが加速することが見込まれます。

オンライン面接は、面接者・受験者双方の負担軽減につながるため、コロナウイルスの感染収束後も、採用フローの中に定着していく可能性が高いです。転職志望者はオンライン面接の対策を進めておくことが不可欠と言えるでしょう。

オンライン面接に関しては、下記の記事にもまとめています。

オンライン面接で気を付けること

3. 市場価値を高める努力がより大切に

日銀の介入もあり、2020年5月時点では、日経平均株価に大きな低下傾向はみられません。しかし、前述した通り、景気のマイナス要因が出揃っていることに加えて、主要な最新経済指標も惨憺たる数字が並んでいます。今後、景気調整・後退局面を避けることは困難と言えるでしょう。

それでは、再度売り手市場が来るまで今の会社で頑張った方がいいのか?といえば、それもオススメはできません。中長期的に、日本は70歳、80歳まで働く時代が到来し、個人の働く期間が、一つの会社の寿命よりも長くなってきます。こうなると、「一つの企業に勤めきる」といった生き方は、これまで以上に困難となり、すべての労働者が、将来的な転職を前提としたキャリアプランの構築を求められることになります。こうした時代においては、転職市場はより激化していくことが容易に予想されます。

コロナ時代の転職を成功させるためには、買い手市場の中で、常に転職の準備をし、自分の市場価値を高める工夫をしておくことがかつてないレベルで求められます。数あるライバルの中から、「なぜあなたでなければいけないのか?」、「あなたはどんな価値を会社にもたらすのか?」といった点を、クリアーに伝えられなければ、採用を勝ち取ることはできません。

そのためには、表面的な企業研究や面接対策を行うだけでは不十分です。「自分は社会人として何を成し遂げたいのか?」、「働くうえで絶対に譲れないものは何か?」といったことを何度も自らに問い直し、自らの生き方を研ぎ澄ませていく作業こそが、薄っぺらではない、あなたの深みのある魅力を伝える大切な準備となるのです。

いかがでしたでしょうか?10Mでは、「自分の生き方」を研ぎ澄ますためのノウハウや、面接を勝ち抜くワンランク上のテクニックをお伝えしていきます。興味があれば、他の記事にも目を通してみてください。